--年 --月 --日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年 07月 19日 (土)
劇場版「空の境界」の世界を彩る梶浦由記プロデュースの新ユニット“Kalafina”の歌姫、Wakana&Keikoのインタビュー到着!
WakanaとKeikoのインタビューです。

>――まずは、おふたりがKalafinaに参加された経緯をお教えください。

>Wakana 私は以前梶浦由記さんにFictionJunctionのボーカリストとして起用していただいたのですが、Kalafinaプロジェクトでは、オーディションを受けてメンバーになりました。
>Keiko 私も以前にFictionJunction KEIKOとして歌わせていただいたのですが、それがきっかけでKalafinaのオーディションに参加して、メンバーになりました。

ちゃんと2人もオーディション受けていたんですね。

>――Kalafinaとして活動をはじめてみて、ご感想はいかがですか?

>Keiko Kalafinaは梶浦さんの新しいプロジェクトとして誕生して、その最初の試みが劇場版「空の境界」にあわせて楽曲を展開していく、というコンセプトなので、本当に梶浦さんの作る楽曲が「空の境界」の世界にぴったりと合っていて、作品を拝見したときに鳥肌がたつ思いをしました。
>Wakana 「空の境界」の謎めいたイメージの中で私たちも歌わせていただいていています。「空の境界」の世界観と、梶浦さんの音楽ってすごく近いものがあるので、私たちも曲に入りやすかったですね。あと、FictionJunctionで歌っているときよりも、梶浦さんがそばにいるような気がしています。不思議な感じです。
>Keiko そうですね。FictionJunctionでは、私たちは歌い手として参加している感じでしたが、今回は梶浦由記プロデュースということで、より深く梶浦ワールドに参加している気持ちがあります。

最初の試みが『劇場版「空の境界」にあわせて楽曲を展開していく』ということなので、らっきょが終わっても、続きそうですね。

これ以外にも、梶浦語についてや、sprinterについてや、ARIAについてや、HikaruとMayaについて載っていました。
ARIAのメインはHikaruなのだそうです。
Keikoの「女神かよ(笑)」発言は素ですね。他はおすまししていましたが。

他にも、CDデータ8月号やフリーペーパーアニカン58号にも載るそうです。
ちょうど、アニカンの57号を貰ってきていたので、確認。
TS3B0395.jpg
7月23日頃配布開始らしいです。
ついでに、こんなのも発見。
TS3B0396.jpg
アニカンR MUSIC Vol.6にも載るみたいです。
こちらは、8月上旬発売決定。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 気まぐれ日記 all rights reserved.
- Powered by FC2ブログ ・ Designed by うずら -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。