--年 --月 --日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年 07月 26日 (土)
ヒットメーカー、梶浦由記の新プロジェクト、Kalafina。4人の歌姫たちが競演した映画主題歌!(kalafina「sprinter」)

GyaOにて、sprinterのビデオクリップがフルで公開中。
Wakana・Keiko・Maya・Hikaruのコメント付き。
主旋律が次々と変わっていきます。それぞれに見せ場があるという感じ。4人でのハモリもすごい。
KeikoとHikaruとMayaのハモリと、WakanaとKeikoの梶浦語が好き。
貝田さんの次はWakanaが梶浦語マスターになりそうです。
ARIAと同じようにHikaruがメインっぽい。
これで、MayaとHikaruの聴き分けができるようになりました。

そして、やはり泣きそうになります。この歌。

これ聴いて、ライブで一緒に歌えるように頑張ろうかな。(パート分けしないと絶対歌えなさそうなんですけど。)
スポンサーサイト
2008年 07月 25日 (金)
20080726141337

7/23頃配布開始と書かれていましたが、結局、アニメイトでは7/24から配布されていました。

紙面としては片面丸ごとでした。(もう片面はドリポの総力特集やアニカンR MUSICの告知。)
WakanaとKeikoのコメントと、ビデオクリップの撮影風景など。
要約すると、「みんなでちょっとでも歌えれば楽しいと思うので、予習してきてください」とのこと。(by Keiko)
Wakanaはしっかりと『ARIA』と『sprinter』についての説明してました。(“梶浦節”大好きです。)
プレゼントのサイン色紙には「sprinterでもりあがりましょう!!」と書かれているので、100%歌われるのではないのでしょうか。(2人のサインの区別が分からないのですが、コメントがKeikoっぽいような…。)
MayaもHikaruもライブのために上京するみたいです。(この2人は地方組だから、インタビューのために上京するのは難しいんだろうな。)

PVはMayaの衣装に一番手間がかかった模様。
俯瞰から見ると、Mayaの衣装がどれだけ裾が長いのか分かりました。
ライブはこの衣装では無いだろうな。これだと動きにくそうだし。(WakanaとMayaが。)
初期の衣装だったらいいなとか思ってみたり。

アニカンR MUSICの方も楽しみです。

今更気がついたのですが、第三章「痛覚残留」DVDメニューを放置(?)しておくと、式の笑顔で1周が終わるんですよ。
いやぁ、そうなるとは知らなかったので、初めて見た時はびっくりしてしまいました。
よし。他のも今度やってみよ。
2008年 07月 19日 (土)
劇場版「空の境界」の世界を彩る梶浦由記プロデュースの新ユニット“Kalafina”の歌姫、Wakana&Keikoのインタビュー到着!
WakanaとKeikoのインタビューです。

>――まずは、おふたりがKalafinaに参加された経緯をお教えください。

>Wakana 私は以前梶浦由記さんにFictionJunctionのボーカリストとして起用していただいたのですが、Kalafinaプロジェクトでは、オーディションを受けてメンバーになりました。
>Keiko 私も以前にFictionJunction KEIKOとして歌わせていただいたのですが、それがきっかけでKalafinaのオーディションに参加して、メンバーになりました。

ちゃんと2人もオーディション受けていたんですね。

>――Kalafinaとして活動をはじめてみて、ご感想はいかがですか?

>Keiko Kalafinaは梶浦さんの新しいプロジェクトとして誕生して、その最初の試みが劇場版「空の境界」にあわせて楽曲を展開していく、というコンセプトなので、本当に梶浦さんの作る楽曲が「空の境界」の世界にぴったりと合っていて、作品を拝見したときに鳥肌がたつ思いをしました。
>Wakana 「空の境界」の謎めいたイメージの中で私たちも歌わせていただいていています。「空の境界」の世界観と、梶浦さんの音楽ってすごく近いものがあるので、私たちも曲に入りやすかったですね。あと、FictionJunctionで歌っているときよりも、梶浦さんがそばにいるような気がしています。不思議な感じです。
>Keiko そうですね。FictionJunctionでは、私たちは歌い手として参加している感じでしたが、今回は梶浦由記プロデュースということで、より深く梶浦ワールドに参加している気持ちがあります。

最初の試みが『劇場版「空の境界」にあわせて楽曲を展開していく』ということなので、らっきょが終わっても、続きそうですね。

これ以外にも、梶浦語についてや、sprinterについてや、ARIAについてや、HikaruとMayaについて載っていました。
ARIAのメインはHikaruなのだそうです。
Keikoの「女神かよ(笑)」発言は素ですね。他はおすまししていましたが。

他にも、CDデータ8月号やフリーペーパーアニカン58号にも載るそうです。
ちょうど、アニカンの57号を貰ってきていたので、確認。
TS3B0395.jpg
7月23日頃配布開始らしいです。
ついでに、こんなのも発見。
TS3B0396.jpg
アニカンR MUSIC Vol.6にも載るみたいです。
こちらは、8月上旬発売決定。
2008年 07月 02日 (水)
Kalafinaの公式サイトがsprinter/ARIA仕様に更新されていました。
そして、Kalafina Noteも更新されて、ジャケット写真も発表されていました!!

やはり、今回も初回生産限定盤と通常盤でジャケットが違うんですね。
というわけで、アニメイトで初回生産限定盤を予約してきました。
ライブの時はobliviousの通常盤と一緒にこちらの通常盤も買います!!

Wakanaがエクステつけてる!!かわいい!!(のだめちゃんだったのに。)
Keikoがアンティークドールみたいでかわいい!!(でも、とても活発。)
MayaもHikaruもかわいいですよ!!

初回生産限定盤
sprinter ARIA 初回生産限定盤


通常盤
sprinter ARIA 通常盤
2008年 06月 07日 (土)
今週観た2回分で覚えた範囲。
耳コピなので、間違っている可能性は高いです。
というか、自己満足で書いているので、最初から間違っていると考えた方がいいですね。
ちなみに“~”となっているのは、聞き取れなかったところだったり。

夢のかけらきみがくれた
明けない夜に潜む
寄り添う星一つ消えて
夜明けをアリアが響いた

もうこの止まない雨の中で
きっと~こともなく
今君を無くした未来は
始まったばかり

果てない愛の中
君がくれた篝火が
伽藍のこの胸にうまれた命を照らしている

消えたものと変わらぬもの
無残な空が光る
別れを告げ微笑み合い
寂しいアリアを重ねて

ねえ人はいつまで独りで
ふたり~ゆくのだろう
まだ君のきれいな未来は
始まったばかり

優しさを知らない
君がくれた優しさが
伽藍のこの胸に
名もなき光を灯している

孤独の~
篝火は嘆き集う
伽藍の世界には
数多のアリアが響いている

7/30に多分アニメイトで買うと思うので、その時にでも照らし合わせてみるとしますか。(合ってないのは分かりきっていますが。)

メロディーも覚えたから、もう歌える。
2008年 06月 05日 (木)
正式名称はこうらしい。
早くsprinter聴きたい!!
明日は4回目のARIAです。
そろそろ歌えます。(大体覚えた。)
明日雨降らないかなぁ。
7/31がsprinterの初聴になりそうです。
copyright © 2005 気まぐれ日記 all rights reserved.
- Powered by FC2ブログ ・ Designed by うずら -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。